krewData
Excel単票形式のテンプレート設定

Excel単票形式のファイルを読み込むためには、ファイル入力コマンドで対象データが格納されているセル位置、またはセル範囲、フィールド名、フィールドタイプを定義したテンプレート情報を作成する必要があります。

テンプレートの設定は、ファイル入力コマンドの設定画面で「3. 単票形式のテンプレートファイルを選択し、データを読み込むセル位置とフィールドタイプを設定してください。」の[テンプレートファイルの設定]ボタンをクリックして表示される、テンプレートファイルの設定画面で行います。

1. テンプレートファイルの選択

テンプレートファイルの設定画面を開いた際に、「テンプレートファイル」にはコマンド設定の「2. 読み込み対象ファイル」で選択したファイルがデフォルトで設定されます。

テンプレートファイルには、データ編集フローの実行時にデータを読み込む「読み込み対象ファイル」と別のファイルを指定することができます。テンプレートファイルを変更する場合は、「テンプレートファイル」の[参照]ボタンをクリックしてテンプレートとして使用する任意のファイルを選択します。

2. シートの選択

「シートを選択」でテンプレートとして使用するシートを選択します。

3. フィールド設定

次のいずれかの方法でテンプレートファイルのセルをフィールドとして設定します。

(1) プレビュー領域でフィールドとして設定するセルをダブルクリック

(2) プレビュー領域でフィールドとして設定するセルを選択し、[フィールドとして設定]ボタンをクリック

 

セル範囲をテーブルとして設定する場合は、プレビュー領域でセル範囲を選択して[テーブルとして設定]ボタンをクリックします。

セル範囲は、1行目が項目名、2行目以降がデータ行となるように選択してください。

4. フィールド名、フィールドタイプの変更

フィールドとして設定したセルは画面右側のフィールド一覧に表示されます。

フィールド名には、選択したセルの値が設定されている場合があります。必要に応じてフィールド名を変更します。

フィールドタイプは、選択したセルの値に応じて自動設定されます。フィールドタイプは、フィールドタイプ列のドロップダウンで変更することができます。

関連トピック

 

 


Copyright © 2022 GrapeCity inc. All rights reserved.