krewDashboard
フィールド設定
フィールドエリアの説明

画面 説明
1 フィールドの設定と書式の設定を切り替えるタブ。
2 選択したアプリ名を表示します。
3 アイコンをクリックするとアプリを選択するダイアログが表示され、アプリを選択し直すことができます。
4 アイコンをクリックすると選択したアプリのデータを表示します。データは最大500レコードまで表示されます。
5 選択したアプリのフィールドを表示します。kintoneアプリのフィールドタイプによりフィールド名左に表示されるアイコンおよび用途が異なります。
アイコン kintoneフィールドタイプ 説明
数値/計算 フィールドを[値]ボックスにドラッグした場合、krewDashboardがサポートするすべての集計方法を選択できます。
日付/日時 利用できる集計方法は個数、最大、最小、一意のデータの個数です。また、各フィールドは以下のサブフィールドも使用できます。
  • 年(日付/日時)
  • 四半期(日付/日時)
  • 月(日付/日時)
  • 週(日付/日時)
  • 曜日(日付/日時)
  • 日(日付/日時)
  • 時(日時)
  • 分(日時)
  • 「年」や「週」は「年度の開始月」の設定に影響を受けます。4月が年度初めの場合、2020年3月1日の「年」は2019年、2020年4月1日が第1週目になります。
  • 週の始まりは日曜日です。年度の開始月の1日から週番号が開始し、次の日曜で週番が繰り上がります。
時刻 krewDashboardがサポートするすべての集計方法を選択できます。また、以下のサブフィールドも使用できます。
上記以外 利用できる集計方法は個数と一意のデータの個数のみです。
※リッチエディター/文字列(複数行)/添付ファイル/カテゴリーはkrewDashboardで使用することができません。
テーブル テーブル内のフィールドもkrewDashboardで使用できます。利用できる集計方法は上記の3種類のルールに従います。
6 可視化したいフィールドを軸(項目)、凡例(系列)、値にドラッグします。軸と凡例で使用したフィールドでグループ化されてデータの集計が行われます。

軸(項目)、凡例(系列)はグラフと連動します。

ピボットテーブルも同様に行、列が連動します。

フィルターボタンをクリックすることでデータを絞り込んだり並び変えたりすることができます。詳細は以下のトピックで説明します。
集計方法

フィールドを[値]ボックスにドラッグすると数値の合計(数値フィールド以外は個数)でデータが集計されます。注文件数や平均購入金額の推移を見たい場合などは、集計方法を変更することができます。

[値]ボックスのフィールド右の歯車アイコンから[設定]をクリックして表示されるダイアログから集計方法を変更します。

krewDashboardは以下の集計方法をサポートします。

集計方法 内容
集計しない レコードの値をそのまま表示(散布図およびバブルグラフのみ対応)
合計 数値の合計
個数 空白値(未入力)を含まないデータの個数
平均 数値の平均
最大 数値の最小値
最小 数値の最小値
一意のデータの個数 空白値(未入力)のデータも含む一意のデータの個数

「合計」や「平均」などの集計方法を選択できるほか、計算の種類を指定してほかの集計値を比較して集計ができます。krewDashboardは以下の計算の種類をサポートします。

計算の種類 内容
計算なし [集計の方法]で指定した計算結果をそのまま表示
累計 [基準フィールド]の値の累計を表示

  • 累計の計算ではピボットテーブルの総計が空白になります。
値フィールド名の変更

値フィールド名は「平均 数量」のように集計方法とフィールド名を組み合わせた名前になります。[値]ボックスのフィールド右の歯車アイコンから[設定]をクリックして表示されるダイアログから値フィールド名を変更することができます。

  • 値フィールド名に同じ名前を指定することはできません。

例)ピボットテーブルの値フィールドで「平均 数量」を「平均販売数」、「合計 売上額」を「売上合計」に変更


  • 次のフィールドはkrewDashboardで使用することができません。
    • リッチエディター
    • 文字列(複数行)
    • 添付ファイル
    • カテゴリー
関連するトピック

 

 


Copyright © 2022 GrapeCity inc. All rights reserved.